旅行人山荘から車で25分程のところに水草ゆらゆら、小魚ぴちぴちの『丸池公園』があります。

と、稚拙な表現をしましたが、日本名水百選に選ばれており、町の大切な水源でもある美しいお池なのです。

透明度が高く、光の具合や角度、時間によっては水が淡いグリーンやブルーなどにみえるっていう、こりゃ鹿児島の九寨溝だ、なんつて。


で、右の写真は池をぶらぶらしたあとにふらーっと立ち寄った自宅兼ギャラリー兼喫茶店。

珈琲ができるのを待つあいだ、そこのおばちゃんと静かにぽつぽつおしゃべり。
(上品にしゃべる方だったので)

展示、販売されている焼物は弟さんが焼いているらしく、特に白地に朱色のマーブル柄の珈琲カップが素敵だったので、
「これいい色ですね」というと、これは丸池の水草を乾燥させたものを巻きつけて焼くとこんな色になるんですよ」だって。

ほう、おもしろい。丸池の恵みがこんなところにも活かされているんですね~

ああ、全然関係ないけどさっきから「丸池」と打つたびに「丸い毛」って変換されるのです…
毛先が球かコラァ~!

と、今日はここまで。

Translate »