その日、鹿児島市はいいお天気で朝っぱらからじんじん暑かった。
そりゃそうだろう、夏だもん。

桜島の灰を流すための水撒きがさらに夏っぽい。

暑いぜ!

私はカゲロウのようにふらりと外出し、ふと気がついたら
市立美術館にきていた。
『ピカソと20世紀美術の巨匠たち』のチケットを譲って頂いていたので
ぼんやり妄想しながら鑑賞して、炎天下で火照った脳みそを冷ました。

こっちの入口のほうが好きです

あー、これはふだんドイツのケルンだかどっかの
美しい美術館に展示されてて、EU諸国のヨーロピアンな
方たちにみてもらってるんだろうなぁ、なんて。

それをこんな遠く離れたジャポンの鹿児島のけったいなジャポネーゼが
こんなところで(こんなところ、とは失敬だが)
ぼんやり眺めることができるなんて。。。せ~かい~はせ~まい~♪

そうそう、ちょうど鹿児島の若者たちの展示もあった。
なんか気になったので地下にもぐる。

「それが問題だ」

『誰に何を伝えるか』
伝えかたいろいろあっておもしろかったけど、
「誰に」ってのは誰だろう?うーむ。
しかし、表現する才能があるってのは羨ましいな。

美術館から少し離れたところに
敬愛する向田邦子さんの住んでたお家跡があったのを
思い出した。

東京生まれの向田さんにとって「故郷もどき」が
鹿児島なんだそうな。
子どもの頃に2年間ほど暮らしただけなのに、
そう言ってくれるのは嬉しいなぁ。

ガレージ涼しそう

写真に入ってしまったのは休憩中メールしてるどっかのお兄ちゃん。

「なんか俺さー今変なやつに写メ撮られてるぜー」
などと誰かにメールしてるんじゃなかろうか…
けちけちしなさんなよ。

夏休みはおわったけれど、もう少し夏はいるらしい。

ピカソもヨーロピアンも鹿児島の若者も邦子ちゃんも休憩中のお兄さんも
みんな旅行人にくればいいのに。

来たら何て言うのか楽しみだな。

そんなこんなで、今日はここまで。

Translate »