『大浪の、雲の向こうに望むるは遠く韓の国か、否、霧島が韓国岳なり。』

oonamiちょっと前の話ですが、大浪池までふらふら行ってきました。大浪池は標高1412mの山の上にある火口湖で、旅行人山荘から車で30分程の登山道から徒歩で片道40分のところにあります。

ゼーハーゼーハー汗だくになって登り(運動不足ですね)望んだ大浪池はどこか神秘的で美しく、もしもここで龍神さまがでてきて水浴びしているのを見ても、「ああ、やっぱり」と、納得してしまうだろうなぁなどと、湖面をぬぼ~っと眺めながら思ったり。

雲の奥にうっすらと見えるのは韓国岳で、この大浪池を半周ぐるっと歩けば登山道があります。ちょうど私と同じように登ってきたご夫婦の奥様が、
「あら、じゃあ私たち別々に湖をぐるっとまわってあっち側で落ち合いましょうか♪」

と、くすくす笑いながらご主人に言ってたのがなぜか印象に残っています。(こちらのご夫婦、山登りがお好きとのことだったから、またどこかの山に登っているのかも。元気かなぁ…)
「本格的な山登りまではしたくないけど、なんかちょっとゆっくり登りたい、そしてぬぼ~っとしたい。」そんなときは大浪池をおススメします。(ただし、人によってはゼーハーゼーハーしますので無理せずゆっくりと、休憩や水分を摂りながらどうぞ)

Translate »