貸し切りの露天風呂、『鹿の湯』へとつづく廊下に
ぐいーーーーーんと伸びる手すり

以前は手すりが無かったのですが、『鹿の湯』は館内にあり
段差の少ないお風呂なので幅広い層のお客さまが利用されています

「それなら手すり付けたほうがもっと利用しやすくなるのでは?」
と、フロントスタッフからの意見で設置されました

なんか私、これ見てるとあれ思い出すんすよね、西遊記の如意棒
孫悟空の使いこなす武器で、思いのままに伸びたり、
ちっこくなって耳の中に入れられたり、
百均にでもあれば便利そうなあれ。。。(突っ張り棒みたいな)

「如意」ってのは思うがまま、みたいな意味があるらしい
中国では手紙の最後とかに「万事如意」って書くことがあって
「あなたの思うよう、万事うまくいきますように」みたいな意味がある

旅行人山荘のサービスもお越しになるお客さまにとっての
「如意」であれたらいいかなーとか、ふと思った
「ひとりひとり誂えたようにぴったりと合うサービス」という意味、でね

なんて、今回はちょっとまじめな文章だな
いや、大概まじめなんですがー

あ、私は褒められて伸びる子なので、どんどん褒めてあげれば
ぐんぐん伸びると思いますよ(←んなこと聞いてない)

まーそれはさておき、11ヶ月が過ぎようとしている今年
まだ1ヶ月あるけど、なにしようかな
なんか新しいことはじめるのもよいかも、な
とか思ったり思わなかったり

とにかくそんなあなたに、心よりの「万事如意」 「一路順風」

今日はここまで

Translate »