そんな感じで、登り始めました『韓国岳』。

三合目にも着かないのにぜーはーぜーはー息切れ状態~
まぁある意味予定通り、か。。。

石段フェチっす

息がきれーる、足が重ーい、ももにくぷるぷるするぅ~
ほとばしる乳酸~むしばまれる三十代~ぃ
なーんでせっかくのお休みにこんなしんどい事せにゃならんのかー
(↑何を言うとるか)

なんて自分でもわけのわからんことを考えながら気を紛らせつつ
なんとか五合目を過ぎると、ちょっと楽になってきました。
よし、早く頂上に行ってファミマで買った高菜おにぎり食べるんだいっ

と、あとは結構余裕でずんずん登り、ついにてっぺんとったで~っ

「なかなかのもくもくっぷりだねぇ」

韓の国は見えないけれど、ああ、いいお天気やね。
ほぅあれが新燃岳か、やっていやがる。(←富嶽百景のパクリ)
やっぱりけむりがあがっているなー。

龍でも昇ってきそう

そしてむこうにみえるのは大浪池。

去年はあすこからここを見上げてたっけ。
あっちにいる去年の俺、見てるか~。

大浪に続く道

おにぎり食べて(一個火口に落としてしまった…)ぼんやりして
帰りは木製の階段をだかだか下りながら、
大浪池経由でえびの高原までの『濱田さんコース』で下山。
(レストランの濱田さんに教えてもらったので)

「あ、人間だ」 「野暮ねー」

 

なんか、下山するときはひとっこひとり会わなかったから
「大丈夫か?」と不安になったけど、
無事到着!鹿もお出迎え!(って勝手に思い込み)
だー疲れた。。。。けど、やっぱり登ってよかったなぁ。

あるときアルピニストの野口健さんが
「命を落としかねないほどの危険な山になぜ登るのか?」
と聞かれたとき、
「危険な思いをして山に登って、無事降りてきて、
家に帰り着いたあとに美味しいビールを飲む為です。」
みたいなことを仰っていた。

もちろん全然レベルは違うけれど、
「そこに山があるから」よりずっと説得力があって、納得してしまった。

なんかその話を思い出したので、僕も帰ってから風呂に入り、
ビールを飲んだ。旨いじゃないかーのぐたんっ
よ~がんばった、自分!(翌日はしっかり筋肉痛なったけど)

この為だったら、またどっか登れそう。
そのときは、どうぞ私めにメクチュをジュセヨ。

今日はここまで。

再見☆

Translate »