tanabata七月に入り、もうすぐ『七夕』ということで
旅行人山荘のロビーには笹竹が飾られています。

『七夕』は年に一度きりの、織女と牽牛が、ランデヴー♪するのを天帝から許されている日ですが、なぜか世の恋人たちには受けがあまりよくないというか、クリスマスに比べるとテンションが低いような気がします。
「この暑苦しい時期にベタベタしてらんないわよ!」という気持ちが強いんでしょうか。。。(勝手なイメージです)

今年は「皆既日食」もあるということで尚更存在感が薄いような気がします。

しかし、わいわい騒いで牽牛たちの逢引きをお邪魔するのは不粋ですし、かえってひっそりとしているほうがいいのかもしれません。

霧島の夜は夏でもどこか涼しい風が感じられます。
静かに天の川を見上げながら、ぼ~んやりするには最適のところです。

Translate »