応援いただきありがとうございます。

旅行人山荘のホームページ掲示板にたくさんの励ましの暖かいメッセージが寄せられています。また葉書やお手紙、FAXなどでも励ましのお言葉をいただいています。 ほんとうにありがとうございます。心から厚く厚くお礼申し上げます。 2月12日の南日本新聞の朝刊にも掲載されたように霧島温泉は降灰もなく旅館は通常どおり営業していますが、連日のマスコミの報道で誤解も生まれています。 その中で皆様が応援して下さるメッセージには心にしみて有り難く存じています。 少しずつではありますが、またお客様も霧島温泉にお越し下さるようになりました。...

霧島の雪

この写真は1月13日大雪が降ったときのものです。 年に1〜2度、霧島に大雪が降り積もります。 すばらしい雪景色で大喜びのお客様もいらっしゃいましたが、露天風呂や道路の整備などたいへんでした。 雪の1月氷の2月といいます。 寒い日がまだまだ続きますが、例年雪はもう降らなくなるようです。...

とある景色

とある日の、とある早朝の とある鹿児島空港から望む とある霧島連山 んで、右側の飛行機にこれから乗るとこ しかし飛行機って苦手なんだよなぁ。。。 😥 まぁそんな不安を払拭してまうほどに 美しい景色だったからいいけれど 実は鹿児島空港、霧島にあるのです 霧島温泉郷までは車で約30分と 近いっちゃ近いからアクセスも便利です (↑営業的な文句) お帰りになるとき、気が向いたら 出発ターミナルからの霧島をご覧下さい なんだか霧島が「じゃーな」って...

霧島マジックアワー

十四番目の月、枯れかけの紳士、悪くなりかけの牛肉、壊れかけのRadioなどなど、世の中には何かになりかけているという途中過程に趣があったりする、とか。 一日の終わり、太陽が西の空に沈んでから完全な闇になるまでの「暗くなりかけの時間」を、 映画用語などで『マジックアワー』というらしい。 (と、脚本家の三谷幸喜さんが言っていた) ほんの数十分間かそこら、まだぼんやりと光明が残っているこの時間に撮影すると、 とても美しい映像が撮れることからそう言われているそうだ。 徐々に寒くなってくる霧島の空も、この時間が特に美しいと私は思う。...

自然の味、優しさの味、「大出水」

今回は『旅行人山荘の駄洒落マスター』こと、K調理長から紹介されたところに行ってきました。 旅行人山荘から霧島温泉駅方面に車で20~30分のところに、「大出水」という湧き水が湧くところがあります。 道が細く、わかりにくいところにあるのですが、知っているひとは知っているらしく(あたりまえか)ポリタンクや焼酎の空きボトルをたくさん抱えたひとたちが入れ替わりにやってきて「1週間に1度は来るのよ~」なんて言いながら嬉しそうに水を汲んでいました。 その湧き加減といったらもー、地の底からぼこんぼこん湧いてる天然ジャグジー状態です。...

山荘から車で30分、大浪池

『大浪の、雲の向こうに望むるは遠く韓の国か、否、霧島が韓国岳なり。』 ちょっと前の話ですが、大浪池までふらふら行ってきました。大浪池は標高1412mの山の上にある火口湖で、旅行人山荘から車で30分程の登山道から徒歩で片道40分のところにあります。 ゼーハーゼーハー汗だくになって登り(運動不足ですね)望んだ大浪池はどこか神秘的で美しく、もしもここで龍神さまがでてきて水浴びしているのを見ても、「ああ、やっぱり」と、納得してしまうだろうなぁなどと、湖面をぬぼ~っと眺めながら思ったり。...

曽木の滝公園

夏休みもあと少し、よい子のみなさんはもう宿題とか課題は終ったんでしょうか?(ちなみに私は毎年ギリギリ派) 先日、伊佐市にある『曽木の滝公園』にふらっと行ってきました。 読売新聞が行った新時代の景観を選ぶ「平成百景」に選ばれたというだけあって、水量も多く豪快な滝でした。(夏休みで見物人の数も豪快な多さでしたが…) また、そこより1.5キロ程の下流には『曽木発電所遺構』があって、普段は川に水没しているのですが、渇水期の5~9月頃はレンガ造りの建物が姿をあらわすということでその日はちょうど見ることができました!...
1 / 212
Translate »