温泉感謝祭り

2月6日は霧島温泉風呂の日です。豊富な湯量が湧き出る「霧島温泉の恵み」に感謝と祈りを込めてお祭りをしました。霧島温泉旅館協会13軒と霧島神宮温泉郷旅館協会12軒 合計25軒のそれぞれの温泉を樽にいれて行進し、霧島神宮の神楽殿でお払いを受けました。その後、写真のように鹿児島だけでなく東京や佐賀県などからの大勢の記者から取材がありました。質問は温泉感謝より新燃岳のほうが多かったとか。「降灰もないし通常通り営業しています」と力をこめて答えていました。

花の季節

肌寒い春のお陰で、今年の桜は長い間楽しませてくれましたが、2~3日前からの雨でチラホラ散り始めました。さまざまのこと思ひ出す桜かな 芭蕉。 今年も桜は終わりました。と、しみじみ思うまもなく、ミツバツツジがきれいに咲きました。年々大きくなって巨大ツツジになりました。それから、毎年造園の石田さんからお借りする藤も今年はついに郵便ポストより大きくなりました。

霧島マジックアワー

十四番目の月、枯れかけの紳士、悪くなりかけの牛肉、壊れかけのRadioなどなど、世の中には何かになりかけているという途中過程に趣があったりする、とか。

1 / 212
Translate »