温泉飲泉所

旅行人山荘の浴場に引いている単純温泉は歴史のある古い温泉で1819年横尾権太が発見したと郷土史に掲載されています。藏前仁蔵がそれを引き継いで丸尾温泉旅館を開業したのが旅行人山荘のルーツです。その温泉は自然のままの温泉で、いっさい手を加えることなく今日まで守られてきて、温度も湧出量も発見当時とほとんど変わらずに湧き出ています。このたび飲料の水質検査をして保健所の許可を得て、誰でも飲むことができるように飲泉所を作りました。口にするとなるほど温泉の味がして体によさそうです。しかし温泉そのものですのであまり大量に飲むのはよくないようです。

Garden resort spa 霧島の杜

上品でスタイリッシュ。そしてハイセンス。そんな言葉がぴったりでした。1階ロビーの小さなレストランには大きな暖炉がおかれ、その先に広いベランダがあります。「まわりは緑のじゅうたんです」との説明の通り広々と一面に霧島の森がひろがり、その先はるかに桜島が望めるそうです。(今日はかすんでいました)そして、なんとここから烏帽子岳の向こうに高千穂の峰が見えるのです。ベランダのあちこちにハーブの花が置かれ、ここちよい雰囲気にゆっくりした時間が感じられました。2階にはエステルームが3ルームあり隅々まで繊細な心配りの作りでした。まだ知られていないのでお客様は少なく静かで落ち着いた、まさに贅沢なゆったり空間でした。料金は少し高いのですが十分その価値はあります。旅行人山荘のお客様には特別プランを用意していただきました。皆様もまだマイナーな今の内に霧島の森のエステをぜひどうぞ。電話は0995-78-3600。場所は霧島ゴルフクラブの近くです。

恋に効く パワースポット温泉

温泉エッセイスト YOKOSO ! JAPAN大使の山崎まゆみさんが文藝春秋社から上梓された「恋に効く パワースポット温泉」に旅行人山荘が紹介されています。山崎さんは明るくチャーミングで女優さんのようにきれいなのに、とてもきさくでやさしい話し方をされます。旅行人山荘でも「朝早く起きて移りゆく空の光をベランダからながめていました。」とロマンチストですから本もうっとりするようなきれいな内容です。皆さん、さっそく本屋さんで買いましょう。1000円は安すぎる。

美しい夕日の季節

10月になると朝夕の気温も下がり引き締まるような落ち着いた気候になります。旅行人山荘のパンフレットの写真は10月から12月に撮影したものが多く、秋は桜島もきれいに見えますし、温泉や紅葉など名場面の季節です。特に夕日は10月と11月が一年中で最も美しく、夕焼けも桜島も足湯も絵のように赤いきれいな風景になります。

1 / 3123
Translate »