どうぞ私めにメクチュをジュセヨ(韓国登山その弐)

そんな感じで、登り始めました『韓国岳』。 三合目にも着かないのにぜーはーぜーはー息切れ状態~ まぁある意味予定通り、か。。。 息がきれーる、足が重ーい、ももにくぷるぷるするぅ~ ほとばしる乳酸~むしばまれる三十代~ぃ なーんでせっかくのお休みにこんなしんどい事せにゃならんのかー (↑何を言うとるか) なんて自分でもわけのわからんことを考えながら気を紛らせつつ なんとか五合目を過ぎると、ちょっと楽になってきました。 よし、早く頂上に行ってファミマで買った高菜おにぎり食べるんだいっ...

どうぞ私めにメクチュをジュセヨ(韓国登山その壱)

あんにょ~ ずぃめずぃめなが~い梅雨が明けましたねー。 比較的涼しいといわれる霧島であっても やっぱり暑いよエブリデイ。。。。 それはそうと、梅雨に入るか、入らないか、 というある日、タイミングよく連休を頂いてたので 私はふと「韓国岳登るか!」と思い立ちました。 そうとなると心配なのはお天気。 登山前日、遠足前の子どものようにそわそわそわそわ 天気予報を何度も確認したりして。 で、当日!快晴~♪ヘイヘ~イ 登山口のえびの高原までの道で、鹿に立ちはだかれたり なんとなくテンションあがってきたぞー  ...
1 / 11
Translate »