エコロジーへのアプローチ

1 水資源を大切にします。

地元の水利組合と共同で水資源を守り独自の水道網を構築して効率よく使っています。旅行人山荘専用の沈砂槽と濾過器を持ちお客様に安全な水を提供します。

2 温泉を大切にします。

文政2年(1819)に発見された自噴の温泉はそのままの形で利用しています。無理な拡張はせず発見当時のままをできるだけ維持しながら末代まで守ります。

3 熱資源を大切にします。

化石燃料を燃やすボイラーをほとんど使いません。余った温泉熱を利用して熱交換機に回し高温の湯を作ります。館内の暖房や給湯、シャワーなどはこれを利用しています。

4 節電対策について。

窓を南面に大きく取り昼光を活用しています。蛍光灯ランプを使用しながらも順次LEDに切り替えています。照明は可能な限り落とすようにしています。またエアコンは個別方式にして無駄を押さえます。独自の受電設備を持ち九州電気保安協会の毎月の指導を受けながら節電につとめています。

5 自然との調和について

旅行人山荘を取り囲む50000坪の自然林を大切に守ります。植栽を大切にし小鳥や動物たち、昆虫が成育できる環境を乱さないようにします。

6 ゴミ資源について

ゴミステーションを作り細かく分別しています。そして自ら運搬車で処理場に持ち込んで指導を受けています。段ボールや新聞雑誌ペットボトルなどは資源ゴミに分類されます。アルミ缶は小学校PTAと協力して学校教材や福祉に役立てます。スチール缶はリサイクルのために専門業者に運搬します。

7 お客様へご協力のお願い

旅行人山荘ではシャンプーなどの個別包装をやめディスペンサーを使用しています。トイレットペーパーも最後まで使えるよう2連式を用意しました。また歯ブラシやシェーバーなどご持参されて備え付けのものを使用されなかった場合は会計の時にお申し出ください。100円をお返しいたします。

Translate »